プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
不倫と罪悪感

愛すべき伴侶がありながら、他の人へと想いをよせる罪悪感。

OYAJIのようなプチ不倫から、離婚問題に発展する本腰不倫に至るまで
多くの不倫体験者に付きまとうのが「罪悪感」と言うヤツである。

愛すべき伴侶がありながら、他の人へと想いをよせる罪悪感。
ウソをついてしまうことへの罪悪感。
セックスをしてしまったことに対する罪悪感。
不倫をしながらも何食わぬ顔でいつもの様に家族と接していることの罪悪感。

人によって、罪悪感の種類や感じるタイミングは違うと思うが、 共通しているのが「人を裏切った・愛する伴侶を裏切る行為をした」 という自虐的な罪悪感である。

しかしながら、不倫の度合いや頻度によって、この罪悪感も薄れてきたり、
自己嫌悪も他責へと変化するから面白い。

「いろいろ不満があるけど、やはり他の人と付き合うのは....」から
「私が不倫するのは、構ってくれない旦那が悪い」という
ある種の開き直りにも似た発想になって行ったりする。

OYAJIが以前付き合ったことのあるある婦人は、
「旦那が浮気しているから、私も負けずに....」
「バレたとしても、元凶である旦那が反省しなければ離婚」
というかなり強気なことを言っていた。

長年不倫関係が続き、既にお互いの生活の一部になってしまっている人達もいる。
そういう方々は罪悪感というより、毎日の刺激や楽しみのほうが勝っていることだろう。

プチ不倫推奨派のOYAJIが言うのもおこがましいが、人間である以上、
不倫行為に罪悪感はあるべきだと思う。

「悪いことしているなあ」「自分はだらしないヤツだなあ」「早く別れなきゃなあ」 不倫を楽しむことと一見相反する気持ちではあるが、この罪悪感を持っていることで どこかでバランスが取れているような気がする。

不倫経験を通して改めて「自分の伴侶や家族」に優しくなれることも多く、
罪悪感がもたらすものもあるように思う。

罪悪感が全く無く、無差別に殺人を犯す若者が多い現代。

皆さんも不倫したら「罪悪感」に苛まれようではないか。
それでこそ良識ある大人じゃないかな。

(あっ、良識ある大人は不倫はしないか......)

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着コラム一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41175)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36776)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29909)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28407)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16213)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。