プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

不倫をする男の心の中 Part3

不倫をする男の心の中 Part3

不倫をする男の心の中 Part3

驚きのPart1 衝撃のPart2 に続く 怒涛のPart3

実際の現場でみる浮気・不倫をしてしまった男性の多くが、イライラし、怒りっぽく、
必要以上に仕事に没頭し、毎日お酒を飲みまくったり、暴飲暴食や無謀運転、または暇さえあればパチンコ。
一般に、女性は悩みができると信頼できる人と悩みを共有しようとするのに対し、
男性は悩みを一人で抱え込み、手短な手段で解決しようとする傾向にある。
男性は『男は強くあるべき』と言われ育っているせいで、悩みができてもそれを人に話すことに強い抵抗を感じている。
泣きじゃくったり、うじうじと悩むことが男らしくないと思いこんでいる。 仕事でミスをした。上司に怒られた。ゴルフでミスを連発した。株取引で大損した。
このような出来事が起こり、イライラしたりストレスがたまった時に、男性のほうがお酒を飲んだり、 スポーツで発散したり、ギャンブルやパチンコに繰り出すことが女性より多いのはそのため。
こうしたストレスに対する対処法は、確かに軽いストレスの時には効果はある。
しかし、こうしたストレス以上の苦しみが襲ってきた場合にはどうなるか。

(武石晃一氏)

何だこの分析は!!!
これを突っ込まれると、言葉が出なくなる男性は多いことと思う。
OYAJIはまさに『男は強くあるべき』と育てられ、悩みができてもそれを人に話すことが弱い男だという認識だ。
世代的に仕事や人間関係で一番の圧力を受ける。
さすがに、暴飲暴食や無謀運転、パチンコとはならないが、いいストレス対処法が見当たらないのも事実。

そして

幼少期から親に愛されていると実感できないで育った子どもは、愛情に対する飢餓感を強く抱いたまま成長する。
そして愛されなかった自分を責め、自分は愛される価値の無い人間だと思いこんでしまう。
誰かと結婚しても、このような男性は心の安定を得る事ができないでいる。なぜなら、愛するパートナーを 得たとしても、いつかは見捨てられるという恐怖心が拭い切れないから。
そして保証のために、最終的に別の女性にも手をかけてしまう。
二股三股かけておけば、誰かひとりに見捨てられたとしても自分が一人になることはないから。
一人より二人、二人より三人のほうが、自分の心を安定させるものと思いこんでいる。

男性はストレスがたまった時に、手短な手段で問題を解決しようとするが、
心に傷を負った場合でも同じような手段で解決できると考えてしまう傾向がある。
つまり、男性は、居場所を無くし、愛を失ったと感じた時でも、アルコールやパチンコ、
スポーツ、仕事に没頭することで解決できると考えてしまう。
しかし、いくらお酒を飲んでも、心の傷は癒すことはできない。
仕事に没頭しても、その間は心の痛みを忘れることができても、問題の根本的な解決になることはありません。
悩み苦しみ、手短な手段で問題を解決しようとし、そして心の傷を癒すことができない時、
最終的に男性は『愛を失ったことが問題なら、また愛を見つければ問題が解決する』と短絡的に考えてしまいます。
そしてその結果が浮気、不倫となる

(武石晃一氏)

「心の傷」 痛い言葉だ。

「居場所」 考えさせられる言葉だ。

自分を大切な存在だと思ってくれる人、自分の弱さまで受けいれてくれる人、自分の成功を喜んでくれる人とは本当に家族・妻なのか?

こちらの体調や、日頃の悩みを察することも無く、家事子育てローン返済の方が重要課題となった家庭。

「仕事とセックスは家庭に持ち込まない」「亭主元気で留守がイイ」という言葉が生まれる現実。

地元のスナックで「ママ~」と甘えながらヘベレケに酔うオヤジ達にとって
居場所と彼の弱さを受け入れ成功を喜んでくれる人は そのスナックのママじゃないのか?

「このキワキワの心の揺らぎを救い合う様な夫婦関係はどのようなものかは残念ながらイメージしにくい。

ダウン寸前のOYAJI。どんでん返し最終章へ続く

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着コラム一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40617)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36145)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29417)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27855)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15779)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。