プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
人妻のあり方

おしどり夫婦と言われた小朝と泰葉が離婚した。
仲良し夫婦で有名、離婚の噂もなかったからマスコミも
ビックリだったことだろう。

会見をテレビで少し見たが、
何とことはない「仕事がいいので主婦やめた!」じゃないか。
こぶ平の三平襲名のイベントで心に火がついたとか。
嫁に手伝いはさせたとしてもイベント仕切らせるとは?である。

以前の「カリスマ主婦は主婦にあらず」
でも触れたが、
仕事で自分が輝くことを覚えたり思い出したりした主婦に
もはや「主婦業」など出来るわけもなく、
さらに周り(取り巻き、事務所、マスコミ、仲間)などが
変に応援するものだから、本人もいつの間にやらその気に。
もちろん経済的に自活できるのが大きいと思うが。

まあ人それぞれの生き方を選択する自由はあるのだから、
あまり目くじら立ててどうこう言わないが、
テレピの中高年女性タレントが、押しなべてバツイチや訳アリなのは
あまりいい気はしない。
これが時代の人妻のあり方だと言われると素直に同意できない。

一般の主婦で、仕事に戻ったり、もう一度自分を輝かせたい願望を持つ
女性はごまんといることだろう。
それをしなくともイキイキと輝いている主婦もいる。
やはり家族や旦那の存在がそうさせるのであろうが、それは稀な例。
多くの主婦達が、泰葉を見ながら、羨ましく思っている。

家庭を壊し離婚をしないまでも、少しでいいから輝きたい。
そこにOYAJI提唱のプチ不倫の可能性を見るのである。
主婦が女性として自分の「性」を強く感じるのは、
男(オス)に強く求められ、その存在価値を自分で感じる時である。

余談であるが、泰葉の母・海老名香葉子が、テレビのインタビューで
実の娘を応援することなく「小朝さんには本当に(こんなことになって)申し訳ない」
と語っていた。 まだまだ日本女性らしい心は残っている。これも人妻のあり方である。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着コラム一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40732)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36275)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29501)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27942)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15860)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。