プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

ウィキペディア(Wikipedia)に見る不倫

ウィキペディア(Wikipedia)に見る不倫

ウィキペディア(Wikipedia)に見る不倫

「不倫」に関しては色んな文献や雑誌などで様々なことが言われており、
一貫して「悪いこと」という角度はあるものの、各社各様で解釈してある。

インターネットの世界で最近富に有目なのが、「ウィキペディア(Wikipedia)」と呼ばれる
自由に記事を投稿したり編集したりすることが出来る百科事典がある。
あらゆる角度でそのテーマを分析解説しているので非常に面白い。

ということで「不倫」をウィキペディアで調べてみると.......
通常の解説以外に、こういうのが

不倫を正当化する主張

日本では、近代に入ってから近年までの間は、
「浮気は男の甲斐性」などと男の不倫に限り、容認する風潮が長く続いていた。当時男性が・・・・
 ・・・・以下昔の不倫の概念が続く。
 ごく近年になってからは、恋愛感情と結婚生活を一体のものと考えるロマンチック・ラブの思想が 男女双方に受け入れられ、不倫を罪悪であると考える者は男女問わず多い。
しかし、現在の日本では、中年の富裕な男性とそれより年下の独身女性による不倫はよく見られる。
また、既婚者同士の不倫も広がりを見せている。
 最近の若い女性に人気の女性作家の作品の中には、こうした不倫をテーマにする作品が少なくない。
こうした作品の中では、夫が妻の浮気を知りながら黙認したり、公認したりする夫婦が描かれることがある。
「恋愛と結婚は別物」とする割り切った考え方も一部の女性には根強いし、 「女性の不倫は男性の不倫とは違い、純愛であり美しいもの」とする、女性の不倫を擁護する一方、 男性の不倫を非難する意見が一部の女性の間で高まっている。
このような一部の女性は、女性の不倫を「婚外恋愛」と称して、男性の不倫と区別することが多いが、 論理的・倫理的な正当性はまったくない。

                      
~不倫を正当化する主張~ウィキペディア「不倫」より

なるほど、さすがウィキペディア

特に最後の一部の女性の話はOYAJIの主張の全く同じ!!
「女性の不倫を男性の不倫と区別することが多いが、論理的・倫理的な正当性はまったくない」
その通り!! 不倫を美化するな!!! いやあ、実にすがすがしい。

ということで、不倫は不倫。
女性から見ようが男性から見ようが事実は一つということです。
実際にやっている人達に弁解の余地はないし、リスクはあるものなのです。

※PS ウィキペディアには「法律上の不倫」もあり、こんな一節が。
「一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる」
反復的ってどのぐらいの頻度なんだ!!
気になる。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41372)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36934)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30082)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28613)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16349)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。