プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

「ヤラハタ」「ヤラミソ」そして「ヤラ...」

「ヤラハタ」「ヤラミソ」そして「ヤラ...」

「ヤラハタ」「ヤラミソ」そして「ヤラ...」

皆さんは「ヤラハタ」「ヤラミソ」という言葉を聞いたことがあるだろうか?
性交渉を経験しないまま、二十歳になった女性を指すのが「ヤラハタ」。
三十歳(三十路)を迎えた人を「ヤラミソ」と言うらしい。

いかにも性交渉の低年齢化による現代の若者達が生んだ言葉だ。
どちらの言葉にも「遅れてる感」が漂う。

ヤラミソさんなどは、そのこと自体が負い目、足かせになっていることだろう。

男性の場合は、特にこういう方(初めて)を相手にする場合、
どうしても苦手意識や妙な責任感を感じてしまうから、余計に縁遠い。

一部の男は、その女性の初めての男になることに喜びを感じるが、
だからといってそのままゴールインというのは今の世は少なくなった。

一昔前は「私初めてなの...」「おーぅ!!」だろうが、今は
「私初めてなの...」「えっっ!?」だろうね。

これは男性が女性に貞操観念を強いらなくなってきたのではなく、
付き合いやSEXに責任感を追いたくないという気持ちからではないだろうか。

そういう意味では「不倫関係」は、気楽さがあったりする。

もちろん「初めての不倫」に対する責任感や、家族への罪悪感など、
別の負い目が襲ってくるわけだが、
付き合っていく上で相手に対する何らかの責任があるわけでもなく
、SEXしたから云々...というものも無い。

どちらかというと、互いに責任は感じながらも相手に負い目を感じさせないよう
配慮している気がする。

できれば、「ヤラハタ」「ヤラミソ」に続き、「ヤラフリ」はどうでしょう。
彼女らの世代が人妻になり、「不倫の一つもしてないと遅れるよ!!」
なんて人妻の間で流行らないものかなあ.....

とバカな妄想をするOYAJIである。
最後に誰かさんの名言を
「男は、女の最初の男になるより、最後の男になりたいものだ」

その通り!!

本日はOYAJIの反論コラムPART2をアップ
不倫していることを責められて苦しんでいる紳士諸君はこちら

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41267)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36854)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29988)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28507)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16275)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。