プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすい

民主党は日本をどう変えるのか? などと騒いでいたのが先月。
途中、朝青龍をはさんで、今は毎日のように福田VS麻生。
日本人がなのかマスコミがなのか解らないが、
とにかく「熱しやすく冷めやすい」

恋愛、こと不倫においても「熱しやすく冷めやすい人」は多い。
何かのきっかけで出会い、実際に面と向かって会うまでは
物凄い勢いで熱してしまうが、会って付き合ったりしてみると
意外に早く冷めてしまう。

こういう人達の一番の共通点は、「相手」ではなく
「自分の状態」に左右されやすいということ。
相手と知り合ってお互いの気持ちを確かめるまでの「自分」が楽しい。
デートして盛り上がって...結ばれて。そういう状況の「自分」が楽しい。
もし別れてしまったとしても、いい経験をしたと思える「自分」が可愛い。
のである。

極論すれば、相手は誰でもよく、「相手」を通して自分が刺激的な毎日を
送りたいのである。
したがって自分が満足できる刺激が無くなれば、急に冷めるのは当然。

その人の恋愛観であるから、それ自体をどうこう言わないが、
そういう人に限って「いい出会いが無い」だの「イマひとつな相手だった」だの
「長続きしない」などと、のたまったりする。

プチ不倫には、この「熱しやすく冷めやすい」が最もイメージされる。
次々と相手を取替えて、好きなように遊んでいるイメージががある。

でも実際は反対である。

プチ不倫を楽しめる人は、「熱しにくく冷めにくい」「地道に頑張るマメな」タイプ
が多いのである。
盛り上がりながらもどこか客観視できる自分。
デートを楽しみながらも、相手を喜ばせる事象としてちゃんと捉えられる自分。
やりとりのペースやデートのペースを一時の感情に流されずに淡々と継続できる自分。

そういう「強さ」が、結果的に色々な体験を呼び寄せるのである。

いよいよシリーズ最終回
人妻から見る「セックスレス」PART4 自分勝手なセックス こちら

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40864)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36426)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29616)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28072)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15961)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。