プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

可愛い女と危険な女

可愛い女と危険な女

可愛い女と危険な女

今朝のニュースで、千葉の会社員男性(42)宅に同居中の女性(31)が
男性と娘2人が入浴したことから男性と口論になり、風呂から出てきた長女(8)に
切り付けたという事件がおきた。
女性は「1人にされたため気が動転して刺した」と供述しているらしい。

まあ何とも壮絶な事件であるが、3つほど気になることが。

  • ・まず同居女性の位置づけは何だったのか? 男性が離婚ないし死別している父子家庭であれば
     女性を新しい母親として暮らしていたのかどうか。お父さんのガールフレンドだったとしたら
     娘2人は納得できていたのか
  • ・長女が8才ぐらいの娘2人であればまだまだ「パパ大好き」の世界である。
     しかもそれなりに嫉妬心を抱く年頃である。そんな状況で若い女性を家に入れていたのか
  • ・「1人にされたため気が動転して刺した」と供述した女性。間違いなく精神的にもろい。
     男性の娘に嫉妬したのか、家族になれない疎外感を強烈に感じたのか.... 
     そのような女性の心理を男性は見通せなかったのか。

他人の事件に色々と言うのは申しわけないが、やはりこの男性の「甘さ」が原因と言ってもいい。
こういう状況(不安定な同居)を作り出し事と、
彼女の精神的な状態を把握できなかった男にも罪があるのではと思う。

精神的に追い詰められると、見境が無くなったり、突拍子もない行動にでてしまう人は男女問わずいる。
男女恋愛、こと不倫においては、精神的に弱い女性がそうなってしまいがちである。

男性に身を委ね、甘えるまではいいのだが、心そのものまで委ねてしまう。

「あなた無しでは生きていけない」というやつ。

実はそういうタイプの女性は男性から見ると「この上なく可愛い」のである。

自分に意見することなく、攻めることも無く、
ただただ「貴方無しでは....」と目で訴え、空気で伝えてくる。
世の中で「自分だけ」を求められるほどの快感は無い。

これにコロっといく男性の多いこと。

但しそういうタイプは付き合い方や接し方を間違えると、
一転して「危険な女」になる可能性がある。

じゃあどうすればいいのか。事前に見分けることは出来るのか?
リスクを背負いたくない男性陣の本音だろうが、正直なところOYAJIにもよく解らない。

ただ、OYAJIは既婚者W不倫で「貴方だけよ」という言葉は信じないことにしている。

W不倫に「貴方だけ」というのは本当は無いからである。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41207)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36804)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29934)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28447)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16242)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。