プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

サラリーマン川柳とプチ不倫

サラリーマン川柳とプチ不倫

サラリーマン川柳とプチ不倫

今朝の新聞で、毎年恒例の第一生命がやってる
「サラリーマン川柳コンクールの入選作100編」が掲載されていた。
いつもながら、そのセンスや角度に上手いなあと感心させられるものが多い。

しかし、「クスッ」と笑えるものの多くは、中高年サラリーマンの悲哀をテーマにしたものが圧倒的に多い。
確かに中年サラリーマンオヤジの悲哀は「笑いネタ」になるのだろうが、
事実を元にしているもの、そんな感じのするものだから笑えるとしたら少しばかり悲しい。

OYAJIも川柳を眺めながら、笑えないもの(涙が出そうなぐらい同感できる)がいくつかあった。

詳しくは、 産経ニュース にあるので是非ご覧いただきたい。

今回OYAJIが一番涙したのは......

  • 「今帰る」 妻から返信 「まだいいよ」(えむ)

世の中にはOYAJIと同じ同士が居るのだなあ.....
と感慨にふけるのである。

OYAJI家は「まだいいよ」ではなく、子供を寝かしつけるまでは「帰ってきて欲しくない」である。
父親が早く帰ると子供が起きて、興奮して眠れなくなり、
翌朝寝坊するという悪循環を避ける為に、できるだけ皆が寝静まった後に
遅く帰って来て欲しいと言われ、それ以来決まりとなっている。

いつも仕事が早めに終わっても時間つぶしを余儀なくされる。

従って、この川柳は、笑えないのである。

実際に「まだいいよ」と妻から返信が着たら、
「解ったよ、少し時間潰して帰る」と返信するのが、妻想いのイイ夫なのだろうか?

仕事で疲れていたり、昨今のような体が冷えきるような厳しい寒さの夜も、
妻の要望に応えて遅く帰るのが本当にイイ夫、やさしい夫なのだろうか?

我が家とは、家とは、妻とは何なんだ......

この川柳には奥深い男の悲しさと、プチ不倫へと誘う衝動が感じられるのである。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42654)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(38058)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(31111)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29766)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17403)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。