プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

W不倫のイメージと現実③

W不倫のイメージと現実③

W不倫のイメージと現実③

不倫は基本的に「秘密の行為」である。
発覚によって夫婦仲が戻ることは稀であり、家庭崩壊や離婚へ繋がる場合が多い。
少なくとも「不倫をした事実」は一生引きずるのである。

お互い家庭があるW不倫なら尚更「秘密行為」である必要がある。

従って「誰にも言わない」が原理原則であるが、
時によって「言ってしまう場合」があるのだ。

特に人妻さんの親しい友人ルートは、バレるのではなく情報が流れるのである。

元来、女性は親しい友達の「変化」に敏感である。

常日頃から、旦那さんの不満を漏らし、お互い傷を舐めあっていた仲。
不倫相手の出現により刺激的な毎日が訪れ、変わった友人に気づかない訳が無い。

「何かイイコトあったでしょ?」などと突っ込まれ、
しどろもどろの答えから、わかってしまうケースは容易に想像できる。
(ほとんど女子高生と変わらない)

あるいは、不倫初期段階によくある「夢のような幸せ感」から
自ら友人に話してしまう(自慢も少し入るのかも)ケースもある。

いずれにしても、不倫相手の人妻の友人系には、こちら側の身元までは
知られてなくても、W不倫の事実は伝わっていてもおかしくない。

こちらに害が及ばないのでそれほど動揺する事は無いのだろうが、
注意したい点がある。

W不倫の相手が、元々の知人のケースである。
情報を握った女性がついつい周りに口走らないとも限らない。
女性噂は怖い。「××さんが不倫してるらしい」と広がると、必然的に「相手探し」となる。
何かと気まずくなり、本来、お互い楽しいハズのデートも作戦会議となる。

さらに、友人に諭されるケース。
「馬鹿なことやめなさい」というやつ。
元々「どこかにイイ男いないかなあ」と言い合っていた仲なのに
実際にイイ男が見つかると「やめときなさい」である。
(これまたほとんど女子高生と変わらない。女友達間の七不思議の一つである)
「やめときなさい」が彼女を悩ませ、楽しいW不倫が悲しい方向へ進む場合もある。

女性側を責めるわけではない。
これらのことはあって当然ぐらいの気持ちで、いないといけないというこだ。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41297)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36879)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30015)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28537)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16296)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。