プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

ドメスティック・バイオレンスの裏側

ドメスティック・バイオレンスの裏側

ドメスティック・バイオレンスの裏側

OAYAJIが付き合う人妻さんの中には、真剣に旦那さんとの離婚を
考えている人もいる。 理由はDVだとか.....

最近、離婚の理由に多くあげられるDV(ドメスティック・バイオレンス)。
今更ながら調べてみると、色んなことが解って興味深い。

まずDVとは、一般的には

「夫や恋人など親密な関係にある又はあった男性から女性に対して振るわれる暴力」

いう意味で使用されるという。

→女性が男性に振るう暴力という概念がないのが面白い。
  相手をつねったり、叩く行為は、女性の方が圧倒的に多いと思うのだが、
  それは暴力ではないらしい。

  

つぎに何故DVが起こるかという理由だが、

男性たちが、暴力をふるった理由を尋ねると

「お風呂をわかしていなかった」「自分より先に寝た」
「食事がまずい」「家に帰ってくるのが遅い」
「子どものしつけが悪い」「口答えした」
「反抗的な態度を取った」

さらには

「妻(or彼女)を自分の思い通りにしたい」
「妻(or彼女)に劣等感があり、相手を落としいれたくなる」

といった考え方、つまり

女性は男性に従うべき」「男が女を養っている(経済的優位性)」

といった考え方があることが多いと言う。
そのための支配の仕方が暴力ということらしい。

ちょっと待てよー......

「仕事で疲れて帰ってみると、既に寝ており、お風呂も準備されておらず、
まずい食事にラップが。外出すると帰りは遅く、言うこと聞かない子供の躾について話すと、
反抗的な口答え」と言う奥さんかあ。

そういう奥さんに暴力を振るわずに、仲良く話し合いで解決?

どうも上記の現象は、まず奥さんのライフスタイルや性格、価値観からきているように
思われるので、話し合いでの解決・歩みよりは難しいのではないだろうか。

では一歩譲って、男性の方が価値観を変えて「妻は思い通りにいかないもの」
「劣等感を抱かない」「従わなくてもよい」「養っていると思わない」と思ったとしよう。

それで「「仕事で疲れて帰ってみると、既に寝ており、お風呂も準備されておらず、
まずい食事にラップが。外出すると帰りは遅く、言うこと聞かない子供の躾について話すと、
反抗的な口答え」をされたら、果たしてどうリアクションすればいいのだろうか。

「君が幸せなら、それでいいよ」と笑顔で言えというのか....

DVなるものが、100%男性側に非があるのなら仕方ないが、本当にそうなのか。
納得できない男性は多いと思うが。

ちなみに絶対に暴力はふるわないが、上記と同じような状況にあるOYAJIは.........

笑顔で怒らず......プチ不倫です。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42654)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(38058)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(31111)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29763)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17403)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。