プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
不倫愛

不倫愛

何とも仰々しいタイトルであるが、
日頃から極めて軽くアッサリ型のプチ不倫実践者OYAJIが
不倫の愛に対して考えてみたい。

リンク先の不倫告白サイトなどでは
愛し愛されている という表現がよく出てくる。

そもそも「愛」なる言葉が、OYAJIには未だに自分の中で明確になっていない。

人類の愛、家族の愛、恋人の愛.... 「愛」という言葉は重いが
「想い、優しさ、慈しみ、情け、好き、嫌い、うれしい、そして 抱きたい」
これらの素直な気持ちと「愛」とどこが違うのだろうと思ったり。

何でもかんでも「愛」と言えば、崇高な清らかなもののイメージになるから
どこか嫌だ。
さらに「不倫愛」なるものが存在するかどうかも疑問である。

略奪愛とかもあるが、口で「愛している」と言ったところで、それは何なんだと思うし、
何かが変わるとも思えない。
言えば言うほどどこか安っぽく感じるのだ。

女性の多くは、「愛」を言葉や態度で求めたがる。(モノもあるが)
しかしそれらは「想われている自分の幸せ感」の確認ではないだろうか。

不倫に限らず、男女の間に交わされる「愛」という言葉。

「想われている自分」「尽くされている自分」を確認し、存在価値を確かめるのが
嬉しいのである。

貴方は価値のある人間です、必要とされている人間です。と認められる喜びである。

不倫の場合もともとが、家庭において、あるいは、夫婦の男女において
存在価値を否定されたり、拒否されたり、感じられなくなったりが要因である。

したがって「不倫愛」は、愛情云々では無く、
お互い相手の存在価値を認め合い、喜びあうことではないだろうか。
会うとSEXするとよく言われるが、まさにオスとしてメスとして求められることの
喜びを味わいたいからだろう。

「愛していると言っていたのに」「あんなに愛し合ったののに」と女性がこぼすとき....
歯車がズレてきているのは、

愛が冷めたのではなく、相手を通して自分の存在価値。意義を喜びとして感じられなくなったから。

貴方は価値のある人間、必要とされている人間です。と認められる喜び

不倫の関係には、この要素が絶対に必要だと思うのである。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41231)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36827)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29953)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28476)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16258)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。