プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

プチ不倫的クリスマス

プチ不倫的クリスマス

プチ不倫的クリスマス

クリスマスイブである。
正直言おう。クリスマスの前日をイブと言い、夜を恋人同士で過ごすなど
ということをついこの前まで知らなかったOYAJIです。

24日のイブをデートや恋人へのプレゼントの日という認識が高まったのは
バブル前で、ちょうどJRの「シンデレラエクスプレス」が流行った頃だろう。
男性向けのHOTDOG POPAYEや、ぴあなどで「デート」「レストラン」特集が
始まり、テレビなどでも特集が出始めた。

その当時30歳ぐらいのOYAJI。もちろんそんな雑誌は読まないし、
仕事で肩書きに「チーフ」が付き、景気も相まって死ぬほど忙しい毎日であったため、
そういうことを楽しむ価値観が少ないのである。

OYAJIの5才ぐらい下の年代「バブル組」は何だかんだいって、遊び方を知っていた。
マークシート、共通一次試験ではなく、空白の答案用紙に筆記で書かなければならなかったOYAJI世代。
エレキギターを持っていると不良と言われ、「夢」を持って就職しないことを「親不孝」と
呼ばれた世代。そう、クリスマスを楽しむことを知らなかった年代である。
確かに遊んでいた奴らはいたが、とにかく貧乏学生だったため、
デート、プレゼントに対して、潜在的に苦手意識と抵抗があるのだ。

そういう意味では、そういう男女のイベントを大事にしている年下の男性を
軟弱だと思いつつも少し尊敬。どこか羨ましくもある。

ということで、その頃の満たされなかった思いが、結婚後、家族を持って子供ができると、反動として現れる。

そう、家族のクリスマスを派手に思い出深くやりたい衝動である。

ケーキや料理準備して、プレゼントあげて、クラッカー鳴らして音楽かけて........
などミーハーでベタなパーティをしたくなる。

ところが、そんな父親の望みはどこへやら。

サンタさんなどどうでもよく、プレゼントの商品リストを黙って渡す子供。
「片付けが大変だから」とパーティをやりたがらず、自己都合でプレゼントの日程さえも変更してしまう妻。

現実はそんなものだと分かっていてもどこか寂しい。

というこで、クリスマスは人妻さんとプチ不倫である。

日程調整は大変だが、 (お互いを)食べて、飲んで、発射して 大騒ぎ.....

失礼。家庭での反動が大きいと、願望が強くてかなわん。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42443)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37864)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30932)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29573)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17226)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。