プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

子持ち夫婦における節分の意味

子持ち夫婦における節分の意味

子持ち夫婦における節分の意味

出勤途中で見かける近所の小学低学年の子供たちが、
手作り鬼面を持ってるのを見て「節分」に気づいたOYAJIです。

まったくもって仕事中心、家に帰ると風呂と寝るだけを繰り返し
休日は、子供の相手を余儀なくされていると、時節を感じる余裕がなく、
さもしい人間になりそうだ。
一昔前は、節句だの七草だのお盆だの餅つきだの、家庭で必ず時節の行事が
あったものだが、今は特に都会では少なくなってきている。
古き良き日本人の風習と心を忘れていくことだろう。

しかしながら、子育てに積極的に(余儀なく?)参加していると、
何かと伝統行事が多く、それはそれで楽しくもある。

特に幼稚園は伝統行事が多い。
各節句からクリスマスに至るまで、一年中行事てんこ盛りである。

ママたちは役員中心にそのたびに幼稚園に呼ばれ、行事に参加。
準備やら送り迎えやら、それはそれで何かと大変である。

一方の父親は、その都度子供が作ってきたもの、
持ち帰ったものを見るたびに「ああそういう時期かあ」などと気づくわけで、
中には、子供が幼稚園や学校で何をしているのかさえ知らない父親も多い。

ママ達が呆れるのもよくわかる。

夫婦協力して子育てと言うが、物理的な時間や制約を考えると
同じ時間やマンパワーを平等に子育てに割くのは不可能に近い。

自ずと母親の比重は大きくなるわけだが、
最低限、子供の近況、状況と母親の役割りに関しては父親は知っておくべきである。
朝食・夕食時、休日の何気ないコミュニケーションが如何に大切かである。

夫婦協力の第一歩は、相手の状況や予定を知ることから始まる。

それさえも無い場合、ママ達の心は子供だけに向かい、
さらに「女心」を持て余してしまい、外の男心に向くのである。

本日全国の小さい子持ち家庭で、どれだけの「節分」が行われるのだろうか?
鬼を演じるパパたちはどれほどいるのだろうか......

何もない家庭の数だけ、不倫の市場があると考える。

OYAJI流「極論・暴論・オブジェクション」でした。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41374)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36936)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30085)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28616)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16350)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。