プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
男の夜遊び

男の夜遊び

お子さんの受験の報告を人妻さんからのメールで受ける季節。
一喜一憂の文章に労いのコメントを送り、
ご子息の受験も中学~大学までと幅広いOYAJIです。

そんなメル友の人妻さんの一人から、
「どうして男性ってキャパクラに行くんでしょ?」
「風俗とかではなく、話をしながらご機嫌とってお金まで払って何故キャパクラ?」
という質問をいただいた。
確かに女性から見れば、そんなことまでして何故?と感じるのは
普通だろう。

OYAJIはそのようなところには行かないので、明確な理由はわからないが、
何となく彼らの気持ちはわかる。

一つは、
見ず知らずの女性との「話をして盛り上がる時間」を買いに行く という感覚。

家庭、仕事、友人などのかつて知ったる女性陣とは、話の内容がとかく世知辛い。
さらにこちらの素性お人となりを十分に把握されているため、
「お話」と言うより、愚痴・相談の類が多く、あるいは説教されるという目にも。
そういう意味では、知らない相手との初めての会話は、興味津々で刺激的なのかもしれない。

もう一つは、口説きたいという衝動。
既婚者であれ独身であれ、男性には潜在的に「女性を求める」本能がある。
そこそこ好みのタイプの女性であれば口説きたくなるのも当然。
風俗嬢のように事務的にするサービス行為ではなく、
話をしたり駆け引きをしたりで、相手を口説く(自分を気に入らせる)行為自体が快感なのでる。

そして、最後には「ちょっとした殿様気分」がある。
店に入ると、丁寧にボーイが案内をしてくれ、ゆったりとしてソファの真ん中に腰を下ろし、
両側には可愛いキャバクラ嬢。
何を話してもちゃんと聞いてくれ、時にはお互いを会話でくすぐりあう。
そして帰り際には、「また絶対来てね.....」と 日常では一度も言われたことのないセリフ。
店を出た後の、満足感・ちょっとした優越感は何物にも変えられないだろう。

あくまでもOYAJIのイメージでしかないが、
ホステスを始めとする男性向け客商売には、お金を払わせるだけの「ツボ」があり、
キャバクラはそのツボを突きまくっているのであろう。

もちろん、相手のキャパ嬢も、これら全ては承知の上。
男性客の一枚も二枚も上を行き、色気を交えた高度な駆け引きで、多くの指名客を獲得するのである。

お互いにこの微妙な駆け引き(お水の女性と客)を理解した上で楽しめるなら
それは大人の遊びとしていいのではないだろうか...

危ないのは、大人の駆け引きを理解できない純粋な男。
高価なブランド品を貢ぎ、何も起こらないことを理解できず通い続けるのである。

まあそれも「社会勉強」といえば、そうかもしれない。

※プチ不倫を希望する人妻さんには、純粋男はお勧めできない。
一見純粋であるのだが、ストーカー資質も兼ね備えているかもしれませんぞ。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42306)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37737)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30813)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29453)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17108)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。