プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
父親と娘

父親と娘

明かりをつけましょ雪洞に~♪

ということで雛祭りである。
女の子が三人もいる同級生は、同窓会で「雛祭りは泣きそうだよー」と
嘆いていたのを思い出す。

そう! 「雛人形」である。
代々女系家族や、古い家だと、おばあちゃんからお母さん、そして娘へと
言う風に引き継がれていくものだが、そういうものに縁のない家庭だと
可愛い娘のために新調したりする。

ご存知のように雛人形は値段がとんでもなく高い。

「御内裏様お雛様」二人セット(それでも軽く10万はする)ぐらいで誤魔化せればいいが
歌の通り、三人官女に五人囃子までそろえようものなら....... 

それでも「可愛い、愛しい娘」の為に奮発するのである。

父親から見た娘は、無条件に可愛い。

結婚式で号泣する花嫁の父は皆の知るところであるが、
娘とは、父親にとって世の中でただ一人、自分を頼って、求めてくる女性なのである。
かつてそうだった自分の嫁が母親化し、自分対し
「男」でなく「お金」と「育児手伝い」しか求めなくなる頃、
娘は「パパァ♪」とおねだり声で、“あなたしかいない”“パパ大好き”光線を出してくるのである。

そりゃ可愛いはずだ。
何でもしてあげたくなるのである。

その点、息子と言うのは......... 可愛げも、光線も何もない。
雛人形の100分の1の値段のゲームソフトさえも買ってあげたくなくなる。

以前、公園デビューの時期に、お砂場で遊ぶ女の子を見て、“可愛いなあ”と感じ、
あまりパッとしない風体の父親でも、「パパァ♪」と抱きつくシーンを見ながら“うらやましいなあ”
と感じたその横で、鼻水たらし洋服が砂だらけになりながら、転んで泣きだす我が息子。

心の中で「立て! 立つんだ! 男は泣くな!! 情けない」と叫ぶOYAJIでした。
父親にとっての息子は、自分の分身。
どうしても「男としてどうあって欲しいか」の角度で見てしまうのだ。

どうか、娘さん達よ。

お父さんに優しくしてあげなさい!
貴方を愛して、何でも買ってあげた お父さんを労わってあげなさい。
もし、ママと一緒になって嫌ったり、避けたりしたら.....

お父さん達は別のお姉さんとこに行っちゃうぞ!!

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41837)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37308)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30422)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29023)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16716)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。