プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

不倫と開き直り

不倫と開き直り

不倫と開き直り


  • ・小沢一郎の秘書が起訴され、それを受けての何とも弱々しいハッキリしない記者会見。
  • ・北朝鮮が人工衛星だと主張し、世界を敵に「制裁するならこちらも考えが」と言い張る。
  • ・陣内なんちゃらの離婚会見では、全て自分に非があると真面目顔で...

最近の話題に共通して感じるのが「開き直り」。

開き直りは受け取る側に、良くも悪くも感じられるが、
どこか潔さ(いさぎよさ)を感じないのはOYAJIだけではないはず。

今回の場合、潔さと言うより「負け犬の遠吠え」にさえ映る。

自分自身に、物事を肯定あるいは否定する際の確固たる根拠があれば
揺らぎの無い自信となるはずである。
その上での開き直りは、見ていて潔く応援さえもしたくなる。

しかしながら、確信犯的行為や後ろめたさや罪悪感がある場合の
開き直りは、態度表情に見てとれるし、たいそうみっともない。

さらに開き直りを通り越して「逆ギレ」する輩もいる。
そうなると見ている側は、嫌気を通り越してその人間を哀れに思い、悲しくなるのである。

不倫騒動には、この開き直りが必ず付いて回る。

ただ多くの開き直りが、みっともなく哀れなものが多い。
やはり反社会的行為であるとともに、罪悪感や後ろめたさを感じているからであろう。
さらには、全てを相手のせいにしたり、あたかも自分は悪くないような主張。
和解が難しいのもよくわかる。

そういった意味では、このサイトの主張はOYAJIの壮大な開き直りでもある。
ただ、みっともない言い訳や逆キレなどではなく堂々としていたい。

それはOYAJIに、「自身の不倫を肯定する際の確固たる根拠と自信がある」からである!!!

うーん、全然、潔くないな。小沢と同類だなあ

※WBCサムライジャパンの原監督の開き直りを見習いたい。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42306)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37738)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30813)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29453)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17108)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。