プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

不倫男のゴールデンウィーク

不倫男のゴールデンウィーク

不倫男のゴールデンウィーク

今年も「魔のゴールデンウィーク」がやってくる。

長期の休みが憂鬱に感じ始めたのはいつ頃からたろうか。
二人目が生まれたあたりからか。

「仕事が休み = 心身ともに休める」は独身までのこと。
家庭ができ子供がいると、「仕事が休み」=「夫・父親業の推進」ということとなる。

まあ、全てを奥さん任せ(追いかぶせ)。老後になり、
土地財産・年金半額要求付きの離婚を
余儀なくされるのを覚悟しているなら、いくらでも休み遊べばいい。

しかしながら、奥さんから文句を言われることなく、強い立場にいたいのなら、
最低限の「求められる役割り」は十分に果たさなければならない。

ということで、OYAJIは今年も家族サービス一色である。

詳細は来週早々には発表となるが、
おおよそ間違いないのは、遊園地・動物園などの行楽地系と映画(コナン)、
それにスポーツ大会の付添い系。
さらに恒例行事化しているご近所家族との夕食など。
これで5連休の約8割は消化される。
それ以外に何を言ってくることやら....

こんな話をしていると 必ず
「OYAJIさんって何だかんだ言って家族を大切にしているのね」と人妻さんに言われる。

確かに、休日の度に「求められる役割り」を果たそうとしていれば
傍から見れば「良き父親、良き夫」に映るだろう。

しかしながら、OYAJIだって人間である。
本音の部分ではグーダラ亭主と何ら変わりはない。
休みの日ぐらい朝寝したいし、ゴルフや自分勝手な趣味にいそしみたい。

しかし仕事と同じで、求められる役割りを解っていながら、言い訳したり、サボったり、
真面目に取り組まないのは、周りの信用を失い、結果的に必ず自分にしっぺ返しが来るものである。

父親として、夫として、最大限できる範囲で役割をこなす。

ちゃんとやっている..... このことの持つ、精神的なものは計り知れないぐらいに大きいのだ。

ということで、今年もOYAJIは憂鬱な連休に立ち向かうのである。

※「OYAJIさんてホントに良き夫、父親なんですね」と人妻さんに言われれば、
 「それは貴方と楽しい付き合いをするために必要な資格なんです」と答えるのだ。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42000)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37455)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30537)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29181)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16843)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。