プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

夫婦別姓と不倫

夫婦別姓と不倫

夫婦別姓と不倫

何でも「夫婦別姓」が法案となって国会にかけられるとか。
まあ、このような法案は、そうしたい人達の都合みたいなものから
出るものであるから、明らかに「旧姓でいたい女性達」が出したものだろう。

あくまでも選択制であり、子供も選択制であるらしいから、
反対するつもりは無いが、
解りにくかったり、迷うような事象が散々起きるのだろう。

「山田君のお父さんは鈴木さん」という何とも笑える話はどうでもいいが、

一番は、独身者と既婚者、×イチと既婚者がわかりにくくなることかもしれない。
(これが嫌で法案を通そうとする人もいるかも、と穿った考えをしてしまう)

それでなくても「事実婚」と呼ばれる形もあり、ますますややこしくなりそうだ。
そもそも結婚自体が事実であって、事実婚って何? と思ってしまう。
事実婚ではない普通の結婚は「虚婚」なのか?
事実婚とは聞こえはいいが単なる「同棲」の延長のようなものだろう。
自分個人の考えや価値観を、家族になってまでも押し通したい人達が作った
苦肉の策の呼び方のようにも聞こえる。

夫婦別姓になると「お墓」とか「財産分与」とかどうするのかなあなどとも思うが
まあ、それはそれで問題が起きた時に本人達が悩み苦しめばいいわけで。

しかし古い伝統である「苗字」や「家」の考え方を、時代に合わないと否定し
新しい生き方を模索する女性達がどんどん出てくると、それはそれでいいこともあるかもしれない。

結婚したら旦那一人に尽くすという考え方が薄まれば「プチ不倫」の機会も増すというもの。
そもそも事実婚の女性は既婚者のW不倫ということにはならず、単なる浮気・二股ということになるし、
既婚者でも姓が違えば、離婚状態、×イチと言う嘘も通りやすくなり、これまた不倫機会は増える。

まあ実際のところはどうなるかはわからないが、夫婦関係は明らかに変化していくのだろう。

別姓の女性が増え、プチ不倫な機会が増えればOYAJIのような男は喜ぶか?
残念ながらそうではない。

旦那さんの姓になり、子供のことはもちろん、姑や旦那実家のことで悩んでいる
「○○さんの奥さん」だから ソソるのである。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(42306)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(37737)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30813)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(29453)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(17108)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。