プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

悪事と男女の強さ

悪事と男女の強さ

悪事と男女の強さ

松井がワールドシリーズでMVPに輝き、ジャイアンツが7年ぶりに日本一に
なったのに、世の中のTOPニュースは、相変わらず物騒なものが多い。

女性が主役のニュースでは、話題の34歳婚活女性の詐欺不審死事件に続き、
鳥取では35歳の女性にまつわる男性3人の不審死事件。
男性のニュースでは、英会話教師殺害の市橋容疑者の整形や千葉の女子大生殺人、
そして島根女子大生の殺人遺棄。

これらを比べてみると、20代30代の年齢的な違いはあるにせよ
男と女の違いが何んとなく見えたりする。

男性を騙したり、手に掛けたりする女性は、平気で日常生活を送っていたり
周りにそれらしいことを語っていたり、プログで私生活を出していたり...
厚かましいぐらい堂々としている。
もちろんそれが゜裏目に出て逮捕されたり、状況証拠となったりするのだが。

一方で女性を騙したり手に掛けたりする男性容疑者は、まず逃げたり、
証拠隠滅を図ったり、今回に至っては整形したりしている。
とにかく逃げ回るのである。

今回の事件だけでなく、全体に言えることだが、
開き直って堂々とし、簡単に捕まる女性と、ビクビク逃げ回って逃亡先で捕まる男性の事件は多い。

単に性の違いなのか、悪いことをしている男と女の「悪いこと」への意識の差なのか、
解らないが、違いがあるように思う。

民事事件だけではなく、国政にまつわる大事件や横領事件、議員関連の事件なども、
男性の方が、自分に火の粉が降りかからないように逃げたり、しらを切ったり
トカゲの尻尾を用意したり。
知らぬ存ぜぬで逃げようとするのは男が圧倒的に多い。

そういう意味では、のりぴーの逃亡劇は、極めて弱い男性的な感じで違和感があった。

「悪いこと」にも種類やレベルがあるだろうが、「不倫」も反社会的な行為の一つである。

そう考えると、不倫がバレるとき、バレそうな時の態度は、男女で違いがあるのではないかと思う。

OYAJIは今だにバレたことが無いので、経験は無いのだが、何となくのイメージでは
女性は意外に堂々とシラを切ったり、バレると開き直ったり、むしろ逆ギレさえしそうな感じだが、
男性は、ひたすら隠そうとしたり、話の各論から逃げようとするのではないだろうか。

さらには、不倫そのものの関係の男女が、そういった感じなのかもしれない。
つまりどこか開き直っている女性と、ビクビクしている男性という感じである。

実際に他のカップルの話を聞いたわけではないので解らないが、

不倫をしている男女。

イザ!!となったら、ケツを捲ったら、女性の方が強いのかもしれない。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(41374)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36937)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(30085)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28616)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(16350)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。