プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
出会いの下手な男part2

出会いの下手な男part2

オリンピックは日本のマスコミを除く、世界的な下馬評通りの
結果になったようだ。
しかし、種目初の入賞や過去最高の成績など残しても、マスコミや
テレビが取り上げないアスリートがいるのは残念だ。
やはり「選手も顔か?」と疑ってしまうが、あながち外れてないだろう。

前回、メールの下手な男の話を書いたが、他の記事より
やたらとアクセスが多いので「そういうのが気になる読者」が多そうだ。

ということで、第二弾をお届けする。

オリンピックの話ではないが「顔」に左右されやすいのは何もマスコミ
だけではない。
不倫、浮気など既婚者の出会いもまた「顔」が大きく影響する。

以前も書いたが、不倫願望のある主婦は多いが、実際にプチ不倫を実践する
人は少ない。さらに実践する人の多くは、美人、イイ女が多いのも事実。

独身者と一緒で、美人・良い女には男が寄ってくるのだからチャンスは多いはずだ。

ところが、男性はどうかと言うと、いわゆる「ハンサム・二枚目」が多いわけではない。
女好きやエッチ好きな男は、従来そのことに恵まれない環境が原因の場合が多いし、
ハンサム・二枚目は未だ独身が多かったりする。

したがって不倫の市場では「それなりに魅力のある良い女」と「ただシタいだけの普通の男達」
と言うことになる。
一見バランスが取れてないようだが、既婚女性の方も経験から“男は見た目や顔じゃない”と
言うことを知っているので、何故か上手くいくわけである。

しかし、初めての出会いの場においては、色々と課題も多い。

「会ってみたら凄く良い女だった。美人だった。」は本当にあるからだ。

残念ながら、男達の多くは自分の嫁さんより美人・良い女を目の前にすると、
心の中で「何とかして付き合いたい! ホテルに連れ込みたい シタい」が先行する。

おのずと会話が、相手に気に入られようとする迎合型になり御世辞やヨイショが所々に
現れる。身の程知らずは、母性本能をくすぐろうと甘えたりする。

しかし残念ながら、女性の多くはそういう男に反応しないのだ。
彼女達は、自分を見せるに値する「信頼」がある人なのかどうかを見てくるのだ。
褒めたりされるのは気分は悪くは無いだろうが、付き合うことにつながるわけではない。

出会いの下手な男達に共通するのはこの「セックスをさせてもらうための姿勢」
女性はこれを直感で見抜く。

喫茶店でお話しして、それっきり....と言う男達が続出するわけである。

相手がびっくりするような美人であったとしても、
迎合することなく、何もカッコつけず、縁あって知り合った大人のとして
自然体でふるまうことが大事である。

もしそれで相手が「貴方とはその気でない」と言われたら、それまでと思うべし。 清く諦めよう!!

潔さは男の美学でもある。

PS:OYAJIが知り合った人妻さんは本当に「良い女」「美人」が多い。
しかし「ベッドが良かった女」とイコールでないジレンマもあったりする。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40819)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36360)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29567)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28022)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15917)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。