プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

青春のリグレット

青春のリグレット

青春のリグレット

  

ひょんなことから人妻さんとユーミン(松任谷由美)の話題になり
最近聞き直して、その歌詞の斬新さに改めて感動しているOYAJIです。

ユーミンが初めて深夜放送に流れて(確かベルベットイースター)
来た時、OYAJIは当時高校生。

友達から借りた「ミスリム」と言うアルバムは
バックミュージシャンが当時日本の超一流で(ティンパンアレイ系)
そのサウンドを聞きたくて、テープにとって何度も聞いた。

ところが、聞いていくうちに、演奏のサウンドよりも、
あの「御世辞にも上手いとは言えない歌声」と「歌詞」に
どんどん引きこまれていったものだ。

特に荒井由美時代の前期~中期のの作品には、それまでに無かった
情景が浮かぶような絵画のような歌詞が有名。

“ソーダ水の中を貨物船が通る”“風で膨らむチェックのシャツ”とか

しかしそれよりOYAJIはユーミンの斬新な言葉遣いが好きである。

“他の人には解らない、あまりにも若過ぎて”(ひこうき雲)
“私が今死んでも”(翳りゆく部屋)
“私など、思い出さないで”(雨のステーション)

ついでに
“私を許さないで 憎んでも覚えてて”(青春のリグレット)
“もう二度と会えなくても友達と呼ばせて”(ハローマイフレンド)

「死ぬ」とか「憎む」とか「会えない」とかユーミンの歌詞はストレートで斬新。

しかし、独特のメロディラインとあの「声」とセブンス、ナインス系の
分数コードに乗せると、心地よく違和感が全く無い。

OYAJIが高校時代に訪れた「ニューミュージック」は
それまでのフォークの日常を悲しくそして切なく歌う世界から
オシャレで叙情詩的な世界観を与えてくれた。
そしてフォークソングのように現状や状況を歌うのではなく、
生き方や考え方を歌詞に載せて伝えてくれた。

あれから30数年。

久々に聞いたユーミンの全く色あせない歌の力に感服である。

同世代の人妻さんにユーミンファンは多い。
ファンでなくとも、その歌詞を聞くと自分の過去に照らし合わせて
グッと切なくなる女性は多いはずである。

歳をとると回顧主義になることが多いが、
いつまでもあの頃の気持を失いたくないのかもしれない。

“さみしくて さみしくて 君の事 想うよ”

うーーん、たまらなんあ(苦笑)

※歌にするとイメージいいのだか、実際に体験するとイマイチだったりする。
中央フリーウェイ~♪ 右に見える競馬場 左はビール工場~
たまに行く府中だもんなあ...

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40818)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36360)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29563)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(28020)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15917)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。