プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~
正統派美人

正統派美人

サザンの桑田がガンの早期発見でウンヌンと言うニュースよりも
「早乙女 愛 急死」のニュースの方が何百倍もインパクトがあったOYAJIです。

今の若い人は知らないだろうが、早乙女愛はOYAJI世代の憧れであった。

まず何と言っても正統派の美人である。

当時のアイドル、若手女優などの基準かもしれないが、極めて整った
正統派美人の顔立ちである。
アジア系トップモデルやミス○○系統の美人。

次にスタイル。

当時から日本人離れしたナイスバディで有名。
今でいうところの「巨乳で美乳」と言った感じであったが、
当時は胸の大きさは女優にとってマイナス要因であったため、隠していたらしい。

彼女のヌード写真集や、テレビの「ハングマン」の水着姿などに
お世話になったOYAJI世代も多いことだろう。

最後に、演技.... は、まあ置いといて。

OYAJIの出会いはマンガである。

映画「愛と誠」のオーディションで、愛役に抜擢され、そのまま芸名も「早乙女愛」。
当時マンガは大ヒットしたが、映画は??? と言われたが(多分、西条秀樹のせい)、
映画化や撮影などの情報が、少年マガジンの冒頭のカラーページに展開していた。

その時に見たセーラー服姿の早乙女愛....
ながやす巧が描いた原作のマンガから飛び出してきたかのようなリアル感を感じた。

ちなみに映画「愛と誠」では、三部作で太賀誠は三人(西条秀樹、と加納竜とだれか)が演じたが、
早乙女愛役は全て彼女であった。

OYAJIも中学生心に、
「彼女以外は、早乙女愛は有り得ない」と感じていたものだ。

後にも先にも「早乙女愛」は「早乙女愛」。

同時にやっていたテレビ版「愛と誠」の池上季実子には申し訳ないが「違う!!」と思ったものだ。

晩年は結婚引退していたらしいが、本当に綺麗な女優さんだった。

彼女はOYAJIと同じ、九州(鹿児島)出身。
そういえばどことなく、鹿児島美人の顔立ちをしている。

マンガから生まれた「本物」 早乙女愛、ありがとう。合掌。

※映画で、花園学園の影のスケバン高原由紀役は確か、多岐川裕美。
彼女にも「女因サソリ」とかで、何かとお世話になりました。ありがとう.....
あっ、まだ健在でした(苦笑)

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40732)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36275)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29501)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27942)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15860)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。