プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

親というもの

親というもの

親というもの

全国で行方不明の100歳以上のお年寄りが200名以上になった。
うすうす皆も解っているのだが、80歳以上ぐらいで再調査すると
どのくらいの数の不明者が出るのかを考えるとぞっとする。

家族の絆だの地域社会だの情の話が問題の根幹にあると言うのが
全体的な論調であるが、OYAJIは全く違う考えである。

祖父祖母と一緒に同居する家、実家にお盆に家族が帰省する家、
近所に祖父祖母が住み行き来している家、
そして介護施設に足蹴く通う家.... 日本にはたくさんある。
むしろこういう家庭の方が圧倒的に多いと思う。

だから親子関係や「家」の考え方が変わってきているわけではない。

OYAJIが思うのは

親のスネをいつまでもかじる自立できない子供が多いということ。

財産や家、年金をあてにしたりする甘え、あるいは
死人の金をネコババするという犯罪に近しいさもしい人間性である。
親を宛にするのは、現代では結婚式までが限度だろう。
それから後は、面倒を見るという姿勢が必要である。

 

昔の家は、父親が「家族」全ての面倒を見ていた。
祖父祖母の面倒も一家の大黒柱たる父親の役割であった。

その昔、OYAJIの父が母と祖母の件で大ゲンカをしたおり、父から
飛び出した言葉「何を言ってる? 親じゃないか」
子供心に強く残っている。

生んでくれた、育ててくれた自分の親への感謝の念と、
最後は面倒を見なければと言う、男としての覚悟。

残念ながら、そういうことを自覚しないまま年をとった独身でいたり
結婚しても「お子チャマ家庭」を築いてしまう自立できない男が増えたこと。

家族の絆とか言うセンチメンタルな表現で、語って欲しくは無い。

「所帯を持った男の義務」コレだけである。

昔の古い考えだと言われるかもしれないが、
現代の共稼ぎパパママに絶対的に欠けているものであり、
仮に数十年後に自分がそうなってしまっても遅いのだ。

離れていて帰省もままならないOYAJIは、
両実家いる親御さんに「お中元」と「定期的な電話」「お小遣い」など欠かさない。

嫁は「もうお中元とかいいんじゃない?」と言うが、OYAJIは嫁を諭すのである。

「何を言ってる? 親じゃないか!!」

※独身女性からみて、親との同居や長男は結婚相手として人気が無いらしい。
でもその分、お金がかかることを覚悟して欲しい。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40612)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36141)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29414)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27849)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15776)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。