プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

イザと言う時に出る本質

イザと言う時に出る本質

イザと言う時に出る本質

『お前の一生はおれが面倒見る。第一発見者になってくれないか』
『お前が連れ込んだことにしてくれ』
『(救急が来たら)うまく説明しといてくれ』

裁判中の押尾学が現場でマネージャーに言ったセリフらしい。

この内容がネットでは鬼畜扱いなのだが、
よくよく考えると、何とも寂しい人間ではないか。

言葉自体は、命令口調で、下の者に言う物言いだが、
内容は、「僕は捕まるのが嫌だから、罪をかぶって、お願い」
と言う何とも情けない話である。

確か、クリント・イーストウッドが泥棒をする映画で、
大統領が同じ様なセリフを話していたような。

人の生死にかかわる大事を起こしておいて、自分は自己の保守に走る。
しかもその為に、下位にあるものを犠牲にしようとしたり。
いわゆる卑怯モノだが、何だか人間的にさもしい。

イザと言うときの覚悟が出来ていない。腹が据わっていない。
自分の悪さを認めたくない、隠したい欲求があるのだろうか。
昔風に言えば「男らしくない」「潔くない」といった感じだ。

最近話題になること。例えば国の政策や政治家、行方不明高齢者年金問題、など
共通しているのが、責任をあいまいにし、誤魔化して何とかすり抜けようとする人達。
平然とした顔でシラを切り続ける人達。

「腹をくくって、覚悟を決めて、謝ってしまえよ」と思うのだが、
そのことで受けるマイナスを恐れているとしか思えない。

確かに、押尾学もそうだが、認めてしまうと、自分の地位や名声など全てを失うことになるのが
怖くて逃げてしまうのだろう。もちろん逮捕されたり服役したりもある。

でも、どちらが人間として尊いかは歴然としている。
もし、上手く隠し通せても、逃げおうせても、一番大事な「人の信頼」を失ってしまうのである。

押尾学のマネージャーは、現場で「何とかしたいな」と考えたらしい。
悲しいかなマネージャーの仕事。

しかし昨日の裁判で彼は、
「時間がたつにつれ、人が一人亡くなったことの重みを感じ、真実、本当のことを話しました」
と語っている。

マネージャー君 ! 君は大丈夫! それが普通の人間の良心と言うものだよ。

※不倫がバレても知らん顔は、潔くないし男らしくないと思う。
しかし身代わりに、罪を償ってくれる「秘書」「マネージャー」がいれば、などと馬鹿な事も考える。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

新着日記一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40612)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36141)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29414)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27849)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15776)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。