プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

甘えん坊人妻S江の場合

甘えん坊人妻S江の場合

不倫相手との出会い

一昨年の年明け早々にOYAJIが活用していた
出会い系サイトで知り合ったのがS江
詳しくは覚えていないのだが、
メル友大募集!!!いろんなお話しましょう」的な
明るいノリの書き込みだったと思う。

「○○だよね」「××じゃない?」「△△かな?」など
OYAJIも普段使わないようなノリで挑戦。
毎日のようにメールのやりとりが続いた。
仕事が忙しくストレスが溜まっているというS江
「お酒&カラオケセットうさばらし」
に誘うと、簡単に会えた。
ちょいポチャ」とは聞いていたが、それなりの体格。
ちょっとヤンキーのOBという感じがしたのを覚えている

人妻の告白とは

会って話をして解ったことは、
人妻と言いながら実は×イチであったこと。
2歳年齢をごまかしていたこと。
そして一番印象的だったのは、やはり元ヤンキー系であったこと。
18歳、20歳で子供を2回もおろし、覚悟を決めて結婚したものの、
相手のヤンキー旦那さんは仕事を転々とし、
家にもろくにお金を入れないというお決まりパターン。
今の娘が生まれると暴力を振るったり、
家に帰ってこなくなることもありついに離婚。
ニュースや実話系の雑誌で読む「絵に描いたような失敗談」だった。

メールのノリと本人のギャップはかなりのものがあり驚きもしたが、
話していくうちに、根は素直で感受性の高い可愛い女性であることが解った。

付き合い始めは、OYAJIのような典型的なサラリーマンデートがよほど嬉しかったらしく
イタ飯や天ぷら、寿司など、それなりのお店で楽しい時間を過ごした。
SEXは以外にウブというか幼い感じだった。
旦那に一方的に強要され続けている人妻に多いパターンだ。
彼女には申し訳ないが、会って「抱きたい」と言うよりも「ご飯食べていろいろ話しよう」
というタイプの女性だったような気がする。

不倫の結末

S江とは、これといった結末はない。
付き合って解ったことは、いつも彼女の中にあるのは
「娘とともにたくましく生きていかなきゃ」という強い意志。
結局、再婚の期待がないOYAJIは、彼女にとって、話を聞いたり、
美味しいものを一緒に食べたりする友達だったようだ。
娘の非行の問題で学校へ行ったり、相談所へ行ったり、忙しく、
たくましく頑張るS江に OYAJIはデートメールを出しづらくなり、
自然なお別れとなった。

もし今、彼女からメールで食事に行こうと誘われたら、喜んで行き、盛り上がりたい。
今でも幸せを願う女性の一人である。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

新着コラム一覧

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40520)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36032)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29339)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27773)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15711)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。