プチ不倫してみませんか ~不倫パートナーのつくり方~

不倫人妻と出会う上級編③

不倫人妻と出会う上級編③

人妻不倫初デートのポイント

デートの約束を取り付け、いよいよ会うことになる。
人間何時いかなる場合においても「初対面の印象」が大切なのは当然。
不倫デートの第一印象とそこでの会話で、その後の展開は全て決まる
と言っても過言ではない。
そこでOYAJIが常日頃から意識している「不倫初デートの考え方」についてお話したい。

■品定めの観点

逆に言えばその「言い訳・彼女らなりの理由付け」が解ればばこちらの勝ちである。

前提として出会いのマーケットに於ける女性優位はある。
男性→会いたい→気に入られたい・選ばれる
女性→会ってみてもいい→気に入るかどうか・選ぶ 
という観点だ。

従って自ずと初デートの場は、 女性側からは「好みの男性かどうかのオーディション・面接」と化してしまう。

一方で男性側がその心理にあるとどうしても
選んでもらうための・気に入ってもらうための」というスタンス望んでしまう。

その結果、

男:無理な笑顔とノリ(会っていて楽しい観の演出)
→ 女:変な人感を与えてしまう(素でないことは女性は直感でかわかる)

男:妙な相槌と迎合(相互理解と共感)
→ 女:ポリシー薄く、下心みえみえ(そんなにヤリたいのかとバレバレ)

男:およそ似合わない女性自慢(安心感とチョイモテおやじイメージ付け)
→ 女:男性の本当のレベルが解る(女性はすぐに見抜く)

など、女性に直ぐに本性を見抜かれる。
たとえ見抜かれないまでも、疑心暗鬼や不安感を与えてしまい次のデートへの障害となってしまう。

したがって「選ばれる・気に入られるための無理な演出」「背伸び」は禁物!!

というより、まずもって「選んでもらうための・気に入ってもらうための」
というスタンスをなくすことが重要。
せっかく会えたのだから、金がかかっているから、めったないチャンスだから....
気持ちは解らなくも無いが、
思い込みと焦りは空気として絶対にに女性に悟られる。

初デートは品定めではなく、単に相互理解を深めるだけの場と捉え、
無理に背伸びすることなく自然体で臨みたい。
むしろこちらが「品定めをする」ぐらいの余裕が欲しい。

帰りのメールに人妻の方から「今日は楽しかったです。また会えますか?」
が来たら上出来です。

コーナー別不倫記事一覧

不倫コラム

OYAJIが感じた、様々な角度からのコラムです。

思い出不倫体験談

印象深い人妻とのホロ苦い思い出体験談。

不倫相手の探し方

不倫相手の探し方等、実用的な攻略法。

思い出不倫写真館

今まで関係を持った、不倫相手の写真を大公開!

トピックス

人気不倫サイトランキング

人妻系雑誌で話題
┗【お願い熟女】(40612)
大人系不倫相手探し
┗【人妻宅急便】(36141)
不倫妻がH目的で使用中
┗【団地妻】(29414)
日本最大級の人妻サイト
┗【妻みぐい】(27849)
オヤジ好きギャル多数!!
┗【ガールズマップ】(15776)

※カッコ内の数字は、当サイトから、
そのサイトに行ったユーザーの数です。